FrontPage 新規 編集 検索 一覧 ヘルプ

FrontPage


トラップの軟骨部屋

日記 (最新3日分)

2016-3-3

Human68k と 8GB の壁

Human68k では、GOverHD.X をかけることで 1GB以上の HDD が使えるようになります(OS制限は 16GBのため、昨今の大容量HDDだと一部しか使えず勿体ないですけどね)。

さて、昨年 SATA-SCSI変換器を入手した際、あれこれパーティション分割を試していて、とある条件下で、別ドライブの内容を壊してしまうことに気づきました。

上記は、120GB の SATA-HDD を 5つのパーティションに分割したものですが、パーティション4へファイルを書き込むと、途中で白帯のエラー(読み込めません)が発生し、その際に パーティション1のファイル/ディレクトリを壊していたというものです。

ここで、各領域のサイズとSCSIのセクタ数は次のようになります。

   32KB は、       32KB/0.5KB=     64セクタ (    0x40セクタ)
 1024MB は、1024*1024KB/0.5KB=2097152セクタ (0x200000セクタ)
 2048MB は、2048*1024KB/0.5KB=4194304セクタ (0x400000セクタ)
 4096MB は、4096*1024KB/0.5KB=8388608セクタ (0x800000セクタ)

HDD先頭領域には、管理領域として 64セクタ分(32KB)が確保されてる事にご注意ください。1024MB, 2048MB, 4096MB, 4096MB, 4096MB と5つに切ると、各領域の SCSIセクタ範囲は次のようになります。

 パーティション1(C:):0x00000040〜0x0020003F
 パーティション2(D:):0x00200040〜0x0060003F
 パーティション3(E:):0x00600040〜0x00E0003F
 パーティション4(F:):0x00E00040〜0x0160003F
 パーティション5(G:):0x01600040〜0x01E0003F

パーティション4(F:)への書き込みで HDD の先頭付近が壊されたようですが、よく見るとパーティション4は SCSIアドレス(セクタ番号)の 24bit境界をまたいでいますね。

パーティション4(F:) に書き込むことで、パーティション1(C:) が壊れたという現象から推測すると、書き込みを行った際、SCSIアドレスの繰り上がり計算のどこかで 24bit の制限が出て、先頭に戻ってしまったのではないかと考えられます。

SCSIセクタの先頭アドレスについては、見たところ 24bit 境界を越えても問題は無さそうですが、オフセットを足して 24bit を超えたタイミングで問題が発生するようです。

厄介は厄介ですが、原因が分かれば対処のしようはあるわけで、かくしてうちの環境では次のようにパーティションを切ることにしました。

これなら、計算中に 24bit境界をまたぐ場所はなく、無駄になるのは 1MB の部分だけ。

さすがに 8GB (8191MB) のパーティションとなると容量表示とかおかしくなるのですが、大きな動画データなどを叩き込んで使うには問題ないことを確認しています。システムファイル等を入れるには 2047MB 以内に切った方が良いかと思いますが、8191MB が 2ドライブも使えるのは至極快適です(^-^)

なお、冗談半分で 10GB のパーティション等も作ってみましたが、そちらは惨敗で、3GB 少々書き込んだところでディスクフルと言われてしまいました。やっぱり限度は 8GB (8191MB) みたいですね。

[カテゴリ:X680x0]

2016-3-2

X680x0とSATA HDD/SSDの接続

何を今更ですが、Hot Swap可能な SATA-SCSI変換器「Dino Monster」を入手しました。

→Dino Monster 詳しくはこちら( [http://www.artmix.com/wordpress/?cat=10] )

実のところ、一年前に「Aztec Monster II」を入手していましたが、2.5inch SATA HDD と組み合わせると手持ちのSCSIケースに収まらず、剥き出しのため常用してなかったのです(汗)

その点、この「Dino Monster」はいいですね。外付けSCSI MOドライブから中身を入れ替えればピッタリ収まります。かくして、例の安い 8GB-SSD も入手して、X680x0 で極楽 SSD 環境が整いました。

気になるベンチはこちら。

 X680x0 DISK benchmark version 0.44 by bisco
 Original program:
 ASPI SCSI benchmark test V0.4 
  copyright(c) by TsuruZoh Tachibanaya, Sep.02,1994
 
   Initiator is ID7     : SHARP   X68030          6413  Other-Port
   Target device is ID1 : ATA     HLSM008G-10     2009  SCSI2 
   512 Bytes per sector, capacity is 7551 MBytes.
 ------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
         Test mode       :    result   |  Poor |   OK  |  Good | Great | Superb|
 ------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
 Test unit ready command |    0.2[ms]  :*************************************
 No motion seek command  |    0.3[ms]  :*************************************
 Average latency Time    |    0.4[ms]  :****************************************
 ------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
 Sequential seek command |    0.8[ms]  :*************************************
 Random seek command     |    0.9[ms]  :****************************************
 ------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
 Seq.Read/Start   512B/rd|  462.7[KB/s]:*************************************
 Seq.Read/Start 16384B/rd| 3475.2[KB/s]:************************
 Seq.Read/Start 65536B/rd| 4147.2[KB/s]:****************************
 ------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
 Seq.Read/ End    512B/rd|  462.6[KB/s]:*************************************
 Seq.Read/ End  16384B/rd| 3500.8[KB/s]:************************
 Seq.Read/ End  65536B/rd| 4160.0[KB/s]:****************************
 ------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
 Random  Read     512B/rd|  393.1[KB/s]:****************************************
 Random  Read   16384B/rd| 3360.0[KB/s]:****************************************
 Random  Read   65536B/rd| 4108.8[KB/s]:****************************************
 ------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+

転送速度的には CF-SCSI でも十分ですが、連続書き込み時に間欠的に止まる時間があるとか、長期保存に向かないとかあるので、DinoMonster + SSD 環境、激しくお勧めです(^o^)

[カテゴリ:X680x0]

2016-2-26

@niftyホームページサービスに引越し完了

お引越し完了しました!

せっかくなので過去日記の細かいリンク修正や背景色の修正、文字化けしてたページの修正なども行っていますが、取り立てて変わったところはないです(汗)


最終更新時間:2016年03月02日 12時05分25秒 Access Counter: 275961